国宝大山不動尊五檀護摩法要のご案内



 五檀護摩供は古来天皇家の大事にのみ行われた修法でありましたが、今や日本国中當山だけに残る大祈祷会であります。元来は中央大日大聖不動明王、東方降三世、南方軍荼利、西方大威徳、北方金剛夜叉の各明王に向かって修法(しゅぼう)するものであります。當山は本堂荘厳の造りから中央は国宝大日大聖鉄(くろがね)不動明王、東から大慈大悲十一面観自在菩薩、弘法大師、開山良弁大僧正、鎮護国家五大力明王の御宝前で修行(執行)いたします。
 五つの護摩檀から一斉に燃え上がる聖火によって願主の願いを加持祈念して智(利)剣と智火をもって煩悩を断ち、貪・瞋・嫉の三毒を焼き尽くして心願願望成就のご利益をいただかれることをお勧め申し上げます。 合掌 五檀護摩祈願会ご祈祷修行料(特別祈願料)は一願(御札一体)金5,000円以上、1万円(以上朱色)、2万円、3万円の御札と成ります。御札送りの方は御札一体まで送料300円二体以上送料500円となります、よろしく納入の程お願い申し上げます。
 本年より正式に午前午後の二度の法要と成りましたので第一会第二会共に御利益に変わりありません、御札申し込み所は大変混雑が予想されますので同封の申込み用紙にて郵送か直接御山の本堂受付で二月十八日までに必ずお申込みください。第二会も御座いますので慌てずにご参詣ください。お問い合わせは下記рご利用ください。  以上

◎時 程   2月 28日
*第一会 午前十一時〇〇分〜約1時間
*第二会 午後 二時〇〇分〜約1時間


◎道 場   大山寺大堂(本堂)

以上

信徒各位

〒259−1107 0463−95−2011
関東三十六不動尊霊場 第一番札所
雨 降 山  大 山 寺